「ほっ」と。キャンペーン

とりあえず、のブログです
by luxemburg
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

九条の会



最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
死刑制度について考えてみる
from KEN-NYEのめるてぃんぽっと
白バラの祈り
from シネマと書店とライブハウス
肩をいからすアトラス そ..
from ほしあかりをさがせ
松岡大臣の自殺と、安倍政..
from 私的スクラップ帳
[机上の妄想]日本社会の..
from toxandoriaの日記、..
『しんぶん赤旗』集金と並..
from 嶋ともうみ☆たしかな野党 支..
消費税で社会保障を語れるか。
from 花・髪切と思考の浮游空間
死刑FAQ (この記事は..
from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
死刑廃止FAQを作ってみ..
from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
死刑廃止FAQを作ってみ..
from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
光市母子殺人事件の裁判に..
from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
めでたさも中ぐらいなり参院選
from 華氏451度
山口県選挙区情勢:野党候..
from エクソダス2005《脱米救国..
人質に取られ壊滅しつつあ..
from エクソダス2005《脱米救国..
それぞれの場所で、それぞ..
from とくらBlog
身近なところから一歩ずつ
from はじめの一歩
今度は安倍首相が自ら消費..
from 日本がアブナイ!
カテゴリ
ブックマーク
以前の記事
タグ
<   2006年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧
祝!東京がオリンピック候補地に
 2008年北京オリンピックをボイコットせよという石原知事が東京都への誘致はご熱心なようで、まあ別に東京なら、既存施設が使えるから、それほど費用負担もないかもしれない。
 ただ、長野のように帳簿が消えてしまうという不透明なことはしないよう注意してくれればそれでいいかな、程度に思っていたが、あちこち見るとそれほど盛り上がっていないようで、その上非常に冷静な分析もある。

More
[PR]
by luxemburg | 2006-08-30 20:52
私たちが声をあげなければ
 ビラまきでマンションの共有部分に入ったとして住居侵入罪で逮捕、起訴された事件の第一審判決があり、東京地裁は無罪を言い渡した。結論は当然だが、こんな事件が後を絶たない。

More
[PR]
by luxemburg | 2006-08-30 00:44
結城昌治『軍旗はためく下に』(中公文庫)
 私の読書至難じゃない指南役の華氏451度さんが、私は本を読まないといっているのに読めとおっしゃったので、嫌がらせかそれでも読む価値があるという意味なのか半信半疑で、いやいや読み始めた・・・ら、その迫力に引き込まれるように一気に読んでしまった。

More
[PR]
by luxemburg | 2006-08-28 22:51
硫黄島----NHKスペシャルを見て
 NHKスペシャル「硫黄島玉砕戦~生還者 61年目の証言~」を再放送で見た。
 日本軍は、逃げたら銃殺、投降しようとしても銃殺、前と後ろからねらわれて戦うだけでも発狂寸前になると言っている人がたくさんいることは知っていた。その上援軍は来ない、食料は来ない、上官は往々にしてニセの診断書をとって「あとはよろしく」と逃げてしまう、本国では将校たちが毎日芸者を上げて酒池肉林・・・。おそらくその相手には、兄が兵隊にとられたため、労働力が不足し、売られた妹たちも多くいたことだろう。兄は命をもてあそばれ、妹は貞操をもてあそばれる。
 これが戦争の現実であり、愛国心の行き着く先。

More
[PR]
by luxemburg | 2006-08-26 22:43
NHKの再放送は最高そう、8月20日分の感想
NHKの再放送は最高そう--8/20

◆ BS世界のドキュメンタリー 脅かされた水の安全 ヨーロッパ 水道民営化の波紋
一つは水道民営化の波紋。
 ロンドン、ベルリンなどで水道の民営化が行われている。効率的に、コストを抑えて供給されるという約束だったが・・・
 ロンドンでは、頻繁に断水、特にマンションの上層階に水が来ないことも多いという。なぜそうなるかというと、水道管の老朽化で漏水が非常に多いから。30%から60%の水が失われるという。だから、水圧を上げると、次々に水道管が破裂することになるという。
 一般的に考えれば、限られた水資源を無駄にしないで、とか、「もったいない」と考えそうなものだが、その会社では水道管の取り替えと新たな水源開発のコストを比較して、新たな水源の開発を選ぶという。
 「日本人は水と安全がタダと思っている」などと悪質なデマ本をネタに知ったようなことを言う人がいるが、イギリスは、民営化でもっと国がぼろぼろになっている。
 下水処理施設もかなり統廃合され、その広大な跡地に住宅建設がなされて収益が上がったという。しかし、実際には下水処理の能力が追いつかず、川の魚は雄が次々雌化している。

 ベルリンでも、「民間にできることは民間に」などという希代の詐欺師が現れでもしたのか、民営化して、49.9%の株を民間資本が手に入れただけなのに、経営はそちらに任せ、しかも一定の配当を約束することになってしまい、ベルリン市からは持ち出し、それだけでなく水道関連の失業者が急増したためにその対策に費用を取られ、さらに水道料金は跳ね上がったという。
 ハンブルクはドイツの水道事業の発祥の地のようなところだが、礎を築いた人が安全な水を安定的に供給するためには、公共が運営しなければならないと言い残したという。水源を守るために、広大な農地を確保し、安い地代で貸し出す一方で、農薬の使用を規制して、地下水の汚染を防ぐ。そうやってできた地下水を供給する。思わず、飲んでみたい、と思わせるものだった。
 ハンブルグの市民はそのことに気づき、民営化に反対の署名を集め、公営の継続を勝ち取った。

 ハンブルクの話は、郵政事業を築いた前島密を思い出させる。全国一律で国民が低廉な料金で運営できる郵便事業は公営でなければならない、そう思った前島密は、郵便以外の収益事業をセットにして、将来にわたって維持できるような郵便制度を作った。

 ハンブルクの市民たちは、「つくったときには公営しかなかったかもしれないが、今は事情が違うんだよ」というダマシに耳を貸さなかった。

◆ アルゼンチンの活動家 ラウル・カステルスの闘い
二つめは、ラウル・カステルスの話。アルゼンチンのロビンフッドと言うからどんな人かと思ったら、なんだか、店にみんなでなだれ込んで食料かお金を出すまで立ち退かない。集団の恐喝罪のようなことをずっとやっていた。
 考えさせられた。いわゆる先進国から見たら、ただの違法行為でしかなく、目をそむけたくなる。しかし、本当に追いつめられた人たちからは英雄に見えるのだろう。そこまで人間を追いつめた方を非難すべきなのか、なんだか考えがまとまらなかった、それくらいひどい映像だった。
 むずかしい・・・

Blog Ranking
[PR]
by luxemburg | 2006-08-21 19:09
小泉の最後ッ屁----心底クサイ
 靖国について書いたのは小泉の参拝前だった。参拝後、おおむね落ち着いたところで世論調査などの結果をふまえて少し。
 参拝についてはよかったとするのがおおむね過半数となっているらしい。

More
[PR]
by luxemburg | 2006-08-19 10:52
新装開店 --  NHKの再放送は最高そう!
 実はあまり中身は変わってないのですが、UTS-メディア-で実施中の企画、NHKの再放送は最高そう!を見やすく、日付別に変えました。

 右側のカレンダーから、日付をクリックすると、その日放送されるNHKのお薦め番組がリストアップされます。
ではさっそく行ってみましょう!

 どうです?

 もしその番組を見て自分のブログに記事を書いているときはトラックバックしてください。
 コメントでも結構です。
 また、これお薦め、というものがあればグンと投稿しやすくなっていますのでぜひどんどんアップしてください。

 NHKの良心を育てるのは私たちです!

 さいきんNHKの番組がよくなってきたのはなぜか、実はこのNHKの再放送は最高そう、がNHKを励ましているからです。そう、実は、ブログの二勝目だったのです。

 え、勘違いヤロー?とんでもない。だってNHKをUTSがまじめに応援しはじめたら実際NHKの番組がずいぶん変わったんだもの。

 ポストホックファラシ~だって?べつにいいの。楽しくやりましょう。

Blog Ranking
[PR]
by luxemburg | 2006-08-18 19:32
小泉政権下ではたくさん人が死ぬ--改革が進んでいる証拠?
 ロシアによる日本漁船の銃撃事件で、まずなくなった方のご冥福をお祈りしたい。同時になぜうたなければならなかったのか、うたれる事態を招いた原因は何なのか、このことは逆に北朝鮮の公海上の船(ただし、経済水域内なので、漁船であり、違法操業なら取り締まれる)を日本側が銃撃したときも思ったのだが、考えていかなければならないと感じた。

More
[PR]
by luxemburg | 2006-08-16 22:44
小泉首相、復讐の神社へ----8月15日の靖国参拝
 小泉首相が今日の7時40分頃靖国神社に参拝する。
 なぜそれがいけないのか、それは中国・韓国が批判するからではない。靖国神社は戦争を賛美し、日本の侵略戦争を正しいものとし、国民に死ねと命令し、それに際して一人でも多くの敵を道連れにせよ、とする神社だから批判するのだ。死んだ者を区別しないのが日本の思想というのならなぜ「英霊」というものが存在するのだ?すべての戦没者が戦争の犠牲者として同じはずなのに顕彰する理由は何なのか。

More
[PR]
by luxemburg | 2006-08-15 07:44
戦争を考える一週間
 NHKといえば、ETV事件(従軍慰安婦についてのドキュメントの内容を察知して圧力をかけ、内容を改変させたという事件)でわかったとおり、安倍晋三が内容をチェックして、事実上検閲しているのと同じ、ただの安倍広報協会だと思っている人も多いだろうが、最近は少しトーンが変わっている。ニュースの内容は相変わらずひどいものだが、ドキュメンタリーなどは、しっかり戦争の真実を伝えようとしているような気がする。特にこの一週間の番組は目を離せない。

 そういう中でちょっと興味があるのが、これ。友人が本放送の方を見たらすごく面白かったというので、再放送をご案内。やはり、NHKの再放送は最高そう(ホントはそちらで紹介すべきなのだが、特に個人的な思い入れもあるのでちょっと)。
8月15日(火)午後11:10~翌日午前0:00(50分) BS1
取り残された民衆  ~元関東軍兵士と開拓団家族の証言~

 1945年8月9日、満州にいた日本人たちは、突然のソ連軍侵攻によって大混乱に陥った。関東軍の主力部隊は既定の作戦方針に従ってソ連軍の侵攻以前に満州の南部に撤退し主要な鉄道は軍とその家族に占有され、居留民は無防備のまま敵前に取り残された。民間人は何の情報も得られないまま、自力で避難を始めるが、進撃してきたソ連軍の標的にされ幾多の悲劇を生んだ。犠牲者は17万6千にのぼった。国民を守るべき軍隊はなぜ事前に撤退したのか。そのために民衆は何を思いながら満州の山野をさまよったのか。
 番組では、元兵士と民間人の証言、残された資料と映像をもとに、ソ連軍侵攻以前から軍がどのように行動したのか。民間人がどのような過程をたどったのかを丹念にトレースし、悲劇の記憶を掘り起こして記録する。


More
[PR]
by luxemburg | 2006-08-12 00:01