とりあえず、のブログです
by luxemburg

九条の会



最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
死刑制度について考えてみる
from KEN-NYEのめるてぃんぽっと
白バラの祈り
from シネマと書店とライブハウス
肩をいからすアトラス そ..
from ほしあかりをさがせ
松岡大臣の自殺と、安倍政..
from 私的スクラップ帳
[机上の妄想]日本社会の..
from toxandoriaの日記、..
『しんぶん赤旗』集金と並..
from 嶋ともうみ☆たしかな野党 支..
消費税で社会保障を語れるか。
from 花・髪切と思考の浮游空間
死刑FAQ (この記事は..
from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
死刑廃止FAQを作ってみ..
from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
死刑廃止FAQを作ってみ..
from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
光市母子殺人事件の裁判に..
from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
めでたさも中ぐらいなり参院選
from 華氏451度
山口県選挙区情勢:野党候..
from エクソダス2005《脱米救国..
人質に取られ壊滅しつつあ..
from エクソダス2005《脱米救国..
それぞれの場所で、それぞ..
from とくらBlog
身近なところから一歩ずつ
from はじめの一歩
今度は安倍首相が自ら消費..
from 日本がアブナイ!
カテゴリ
ブックマーク
以前の記事
タグ
<   2006年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧
靖国参拝ショック!--天皇も合祀に不快感
 昭和天皇がA級戦犯合祀に不快感を持っており、それ以降靖国参拝をしていない、というメモが明らかになった。

More
[PR]
by luxemburg | 2006-07-20 21:40
イラク陸自、実弾装填してた・・・
 昨年6月イラクの陸上自衛隊車列の近くで爆発があった事件、隊員は実弾を装填し、戦闘態勢に入っていたという(19日東京新聞朝刊)。攻撃を受けた場合の反撃は正当防衛と小泉さんが言ってたわけだから、あとちょっとのところで実際に戦闘になっていただろう。このまま戦闘に入っていたら日本は文字通り侵略戦争をしていた、ということになる。
 平和憲法で戦争放棄、さらに戦力を持たないとしているはずの日本が一足飛びに、自国への脅威も何もないのに明白な侵略戦争(行っただけでも侵略軍の一部となったわけだが)をしていたことになる。
 ホント、日本は憲法9条でなんとか国の形を保っている、首の皮一枚でつながっているというところだろうか。

More
[PR]
by luxemburg | 2006-07-19 22:34
9条維持、武装中立論--「誇りを持って戦争から逃げろ」
e0068030_15432110.jpg 結構私の考えに近い。私は非武装中立論だが、中間的にこういう状態が必要になると思うので、9条維持、武装中立論は支持できる。
 その考え方から「誇りを持って戦争から逃げろ」(中山 治著・ちくま新書)というのは、なかなか現実的で、プラグマティックで、リアルで、いい本だと思った。「平和~~」という本ももちろん価値があるが、ちょっと視点が違う本もおもしろい。ちょっとその中からいくつか気になった記述を(いつもどおり、私流に相当フェイクしている)。

More
[PR]
by luxemburg | 2006-07-17 15:28
あなたの仮想的有能感は?--「他人を見下す若者たち」
 e0068030_7155850.jpg前の回で、「他人を見下す若者たち」(速見敏彦著)にちょっと触れたのだけど、この本のテーマに関係のない引用の仕方をして失礼だったので、この著書のテーマについて書いておくことにする。
最近問題とされている、キレやすい、学力低下、ネットでの暴言などいくつかみられる若者の行動についてメスを入れようとする話題作だが、そこでキーワードになるのが「仮想的有能感」である。

More
[PR]
by luxemburg | 2006-07-16 05:31
ジダン問題----じゃあ聞くけど
 ジダン問題はあちこちでいろんな意見が出てきて、私にとっては興味深い。

1. 暴力は暴力、ヤジや悪口に対して暴力は許されない
 これはその通りで、私も暴力が正しいといっているわけではなく、暴力が正しかった、だからレッドカードを撤回せよ、フランスの勝ちにせよ、とは言ってるわけではない。

More
[PR]
by luxemburg | 2006-07-15 22:31
怒りと悲しみ----死刑廃止問題を考える
 猛スピードの車が高校生の列に突っ込んで高校生を死なせ、ほかにも重軽傷を負わせたという横浜市内で起きた事件について、判決があった。判決後、被害者の父親へのインタビューを見た人(その人は死刑廃止論者でもなんでもないただのノンポリ(笑))が、「あのお父さんのインタビューを聞いていても、遺族の感情というものはそう単純なものじゃないのに、テレビ局はとにかく『もっと重く、もっと重く』とあおるように話を構成している感じがする」と話していた。

More
[PR]
by luxemburg | 2006-07-15 07:37
お客さまエントリーシリーズ----コメント欄より(1)
せっかく当ブログにコメント頂いても、コメント欄では目立たないので、表に出すことにいたしました。ないと思いますが問題ありましたらお知らせください。

村野瀬玲奈さまより
 私はサッカーファンである以前にフランスチームのファンです。移民の子どもたち、肌の色も出自もばらばらな「フランス人」で成り立っているコスモポリタンチームが、「こんなのはフランスチームじゃない。国歌も歌えないくせに」と右翼から人種差別攻撃をされながらサッカーで勝ち、フランス国民に幸福な一体感を与えるという事実に私は深い敬意を払っています。

More
[PR]
by luxemburg | 2006-07-14 20:37
許すぞジダン----やっぱりキミはフランスの英雄
 私が許したからどうなるものでもないが、とりあえず許すぞ、といっておこう。
 ジダンは以前から好きだ。フランス代表が国歌を歌わないどころか知らない、という話でジダンは本当に笑わせてくれた。
 もちろんプレーで我々を感激させてくれたことはここで語るまでもない。

 そこに今回の頭突き事件が起こり、今までのジダンの輝かしい経歴とワールドカップの決勝それも本人の引退試合に泥を塗ったような印象があった。何もかもぶちこわしおって・・・。

More
[PR]
by luxemburg | 2006-07-13 21:51
メッセージ解読能力----死刑問題と北朝鮮
 おびえた動物が牙を剥いている、凶暴に見えるがよく見ると体に何か刺さっている。それを抜いてやればなんのことはない、人間を信頼し、やがて友達になる・・・とまあ、どこかのアニメのような話だが、こういう物語の主人公は心優しいというより、凶暴に見える動物が発するメッセージを読み取ることができる。逆に、メッセージを読み取る力のある人間は優しさを持つことができる、ということなのかもしれない。「すべてを理解することはすべてを許すことである」。

More
[PR]
by luxemburg | 2006-07-11 22:02
武器セールスの開始----パトリオット年内配備
防衛庁はミサイル防衛システムの配備計画を前倒しして進める方針。来年3月予定のパトリオット3(PAC3)は年内に配備。海上配備型迎撃ミサイル(SM3) も2011年より早める(東京新聞 7月9日)。
 こういうのがぞろぞろ動き出す。米軍に3兆円取られたと思ったら今度はこれだ。パトリオットは元々ほとんど当たらないゴミ同然のものだったが、新型は違う。
 これも間抜けな商人が使う手だ。「今までさんざん欺されてきたあなた!今度は違います!」

続きを読む・・・
[PR]
by luxemburg | 2006-07-10 06:14