「ほっ」と。キャンペーン

とりあえず、のブログです
by luxemburg
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

九条の会



最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
死刑制度について考えてみる
from KEN-NYEのめるてぃんぽっと
白バラの祈り
from シネマと書店とライブハウス
肩をいからすアトラス そ..
from ほしあかりをさがせ
松岡大臣の自殺と、安倍政..
from 私的スクラップ帳
[机上の妄想]日本社会の..
from toxandoriaの日記、..
『しんぶん赤旗』集金と並..
from 嶋ともうみ☆たしかな野党 支..
消費税で社会保障を語れるか。
from 花・髪切と思考の浮游空間
死刑FAQ (この記事は..
from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
死刑廃止FAQを作ってみ..
from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
死刑廃止FAQを作ってみ..
from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
光市母子殺人事件の裁判に..
from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
めでたさも中ぐらいなり参院選
from 華氏451度
山口県選挙区情勢:野党候..
from エクソダス2005《脱米救国..
人質に取られ壊滅しつつあ..
from エクソダス2005《脱米救国..
それぞれの場所で、それぞ..
from とくらBlog
身近なところから一歩ずつ
from はじめの一歩
今度は安倍首相が自ら消費..
from 日本がアブナイ!
カテゴリ
ブックマーク
以前の記事
タグ
<   2005年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
このテロいいね--問われるリーダー観
小泉氏・山崎氏が電話で相談し、9月11日がテロ記念日だから、投票日にした、ということを福岡における講演会で明らかにしたという。

その内容は、

このテロいいね、君がいうから、9/11はテロ記念日

といっているかのようだ

More
[PR]
by luxemburg | 2005-08-30 08:11
自民党の勝敗ラインは3分の2確保?
郵政民営化賛成の意見が知りたいと、首相発行のメールマガジンを読んだ。率直なご批判が大事らしいので、率直な感想を書いてみた。
読んでみて思ったことだが、自民党は3分の2を確保して初めて勝ったといえるのであって、それ以下であれば小泉さんは退陣するのが筋ではないか、ということである。

続き・・・
[PR]
by luxemburg | 2005-08-26 22:03
植民地ファシズムの壮大な実験
 小泉は任期延長を否定しているが超長期政権になるのではないか、という予測が結構出ているらしい。英雄だと思っていたナポレオンが皇帝になってがっかりするという経験はベートーベンの失望を最後にしてもらいたいと思うが、歴史は繰り返すものかもしれない。

続き・・・
[PR]
by luxemburg | 2005-08-26 21:55
郵政民営化など争点ではない
 休暇を過ごし、暑い都会に帰ってきたが、ちょっとニュースに触れない間に、郵政民営化について是か非か、反対派に刺客を送るの送らないのという低レベルな話になっていて驚いた。歌合戦で誰に誰をぶつけるという話と大差がない下らなさだ。

続き・・・
[PR]
by luxemburg | 2005-08-17 07:04 | 郵政とその周辺
みじめな歴史教科書で「勉強」する杉並区の子供たち
杉並区が扶桑社の歴史教科書を採択したらしい。 日本の伝統や誇りを大切にするのはすばらしいことだが、うそをでっち上げて砂上の楼閣の上に「日本人の誇り」を築かねばならない、この教科書は、そこまで惨めな民族と認識しているのかとおもうと自虐的で情けない。

More
[PR]
by luxemburg | 2005-08-12 21:53
郵政民営化は改革なのか
郵政民営化は、果たして日本の改革になるのだろうか。
「民間にできることは民間に」というのがスローガンだったが、賛成派の主張を聞くと、電子メールなどの発達により郵便事業は採算がとりにくくなる、だから今のうちに改革、という。
 採算が取れないということは、民間の論理で言えば、やめになるということになる。たとえば公園は民間の論理で言えば設置されない。したがって公的に設置、運営しなければならないということになるはずだ。
 もともと明治時代に郵便事業を作った前島密は、民主国家におけるコミュニケーションの前提として、全国一律、均一のサービスを運営する必要があることから、公的なものとした。

 民営化してもユニバーサルサービスを維持するというのであれば、何らかの公的な手当てが必要となる、では民営化に一体何の意味があるのか、今までも職員の給与は郵政事業の収益から支払われてきた。民営化したから国民の負担が軽くなることもない。
 もし国民の負担を軽くするというのであれば45兆円ほどの租税収入のうち、35兆円を持っていく、ヨーロッパの倍といわれる公務員給与を下げるような改革をすべきではないのか。毎年税金を支払っても、まず公務員の給与の分を確保すると、金はほとんど残らないのだ。だから、日本の公的部門は何もせず、無能なままなのである。
 公的部門は無駄遣いをしている、というイメージを振りまいて改革もせず、どうでもよい郵政を民営化する、それが改革になるのだろうか。
 民営化してよくなるという話はどこにもなく「悪くなることはないから民営化しよう」という消極的なものでしかない。

 こんなばかばかしいことが改革であり、選挙の争点であるかのようなごまかしはやめてもらいたい。

 このごまかしの裏で何が進んでいるか、その点を見通すようにしないと、日本はこのまま沈没を続けることになる。
[PR]
by luxemburg | 2005-08-11 21:48 | 郵政とその周辺