とりあえず、のブログです
by luxemburg
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

九条の会



最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
死刑制度について考えてみる
from KEN-NYEのめるてぃんぽっと
白バラの祈り
from シネマと書店とライブハウス
肩をいからすアトラス そ..
from ほしあかりをさがせ
松岡大臣の自殺と、安倍政..
from 私的スクラップ帳
[机上の妄想]日本社会の..
from toxandoriaの日記、..
『しんぶん赤旗』集金と並..
from 嶋ともうみ☆たしかな野党 支..
消費税で社会保障を語れるか。
from 花・髪切と思考の浮游空間
死刑FAQ (この記事は..
from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
死刑廃止FAQを作ってみ..
from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
死刑廃止FAQを作ってみ..
from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
光市母子殺人事件の裁判に..
from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
めでたさも中ぐらいなり参院選
from 華氏451度
山口県選挙区情勢:野党候..
from エクソダス2005《脱米救国..
人質に取られ壊滅しつつあ..
from エクソダス2005《脱米救国..
それぞれの場所で、それぞ..
from とくらBlog
身近なところから一歩ずつ
from はじめの一歩
今度は安倍首相が自ら消費..
from 日本がアブナイ!
カテゴリ
ブックマーク
以前の記事
タグ
平和が訪れてほしくない人たち
 世界一軍事的密度が高いと言われる東アジア。少しでも打開策が見えてほしい。北朝鮮の核開発停止、平行して行われる各国の援助はそれに望みをつなぐ大切な道だと思う。しかし、この動きに協力するでなく、むしろ妨害した上で、わずかな成果をもなきものにしようとする人もいる。
 麻生外務大臣。
去年の北朝鮮ミサイル発射事件で、「金正日に感謝しなければならないようだ」という発言をし、戦争が一番自民党政治家にとっておいしいことをさらけ出してしまったことで有名な人だ。
 今回、6カ国協議に基づいて、アメリカロシアなどが協力しあって送金問題を解決し、北朝鮮が核放棄の初期段階の措置を始めようとしているときに「ぬか喜びや一喜一憂しない方がよい」と、やはり少しでも東アジアに平和が来ないように願う、ネガティブぶりを発揮している。平和の進展は非常に苦々しいものらしい。



 しかしこの、「ぬか喜び」という言葉・・・"あのとき喜んだはよかったが、結局ぬか喜びに終わった"、など、後になって評価する言葉ではないのか。今の段階で「ぬか喜びしない方がよい」というのはおかしい。ぬか喜びにならないように、というのなら一応わかる。
 このおじさんはネガティブオヤジで性格が悪いだけでなく、戦争を食い物にしているという政治家の本質をさらけ出した不用意な知性の人間でもあり、さらに言葉もきちんと使えないときている。こんな人間を一応大臣などにしている国民の一人であることについて慚愧に堪えない。

 しかし、よくよく考えてみると、この人の中では正しい言葉遣いなのかもしれない。つまり、北朝鮮やその周辺国がステップを進めないように妨害し、この喜びをぬか喜びにしてみせるという決意表明なのかもしれない。そうすると「一喜一憂」も理解できる。とりあえず喜んではいるものの、一憂がある、というより一憂にしてみせるということなのだろう。
 それに対して、アメリカはなんと、北朝鮮初期段階措置の費用負担用意を表明:毎日新聞だそうである。中東にさんざん混乱を持ち込むアメリカの外交を評価することなど一切できないが、東アジアでは一応平和に貢献している。今の段階では、アメリカは「ぬか喜びだった、ということにならないよう、協力、援助する」という態度で臨んでいる。ぬか喜びになるかならないか、について何ら主体的な関わりを持たない日本政府は、いったい何のためにあるのか不思議になる。
 ちょっと言葉だけを取り上げて揚げ足取りのようになってしまったが、結局、大事なのはどうやって少しでも平和にするか、そのために日本政府は何をしようとしているのか、ということだ。各国が努力して糸口を見つけようとしているときに、妨害だけをする日本政府。そんなことをすれば、北朝鮮の国民を独裁者と軍部のもとに結束させるだけである。北朝鮮の国民も、一人一人は家族を愛し、平和を愛する、日本人と同じ普通の市民である。別に積極的に日本を憎みたいと思っているわけではなく、独裁者が他国への憎しみを使って権力を維持しようとすることに警戒する人もいるはずである。
 しかし、日本がこういう行動を続けていると、なかなかそういう良心的な声が北朝鮮国内で大きくなることはないだろう。だから、独裁者や軍部が暴走する。そういうメカニズムを十分理解しうる日本人も、本当なら積極的に北朝鮮の民衆を憎みたいわけでもない。ただ、北朝鮮の軍部が暴走すると、他国への憎しみを利用して権力を維持しようとする人たちを元気づかせることになる。そうすると、他国が何とか平和をもたらそうとしても混ぜっ返すような政府を選んでしまう。結局、北朝鮮の独裁者、軍部と日本政府という本来リーダーの資格のないような人たちがが一緒になってありもしない脅威と危険を演出しあって、何の正義もない政権を維持し続けるだけのことだ。

 ありがたいことに、日本と北朝鮮以外の国々はもうこのくだらない八百長につきあうほど暇ではなさそうで、北朝鮮の軍部と日本政府を無視した形で解決しようとしてくれている。もし北朝鮮の経済が少しでも自由化と開放、発展に向かっていけば、覚せい剤に頼るといわれる経済から抜け出していけるだろう。北朝鮮が覚せい剤輸出国でなくなることは、日本人の安全にとっては非常に重要である。もちろん、現在亡命や難民に悩まされる中国や韓国にとってもプラスだろう。日本政府はどうもそれを望まないらしい。覚せい剤輸出国であってほしいのか、独裁者を勇気づけないのか、また、難民で韓国や中国が困ればいいと思っているのか、すべてなのか。ネガティブ自民党!

 もはや自民党政府では何も解決できないということだろう。安倍の次が麻生だとしても、何も理解できていない。日本とアジアのお荷物でしかないこの人たちが政治家をやっている国である限り、平和も安全も訪れない。慚愧に堪えない。

 内閣支持率が30パーセントほどで下げ止まっている。もう国民は「改革」のメッキがはげたことも知っているから小泉再登板は解凍を何度か繰り返した肉のようなものだろう。
 とすると麻生か。それが安倍内閣の支持率を下げ止まらせている。安倍内閣の支持理由でダントツが、他に人がいないから、だった。

どこかに典型的な論述がないものかと探してみたら、産経新聞は、もの言う新聞だそうで、
 北朝鮮は今後、「今回の資金だけでなく、すべての金融制裁を解除せよ」などと、新たな条件を持ち出してくることが予想される。各国は、新たな条件には一切応じることなく、2・13合意の即時実行を迫るべきである。すでに実行期限(4月14日)は2カ月以上も過ぎている。
 それでも北は、あらゆる手段を用い合意実行や6カ国協議の再開を遅らせる戦術に出てくるだろう。再度の核実験があるかもしれない

 しかし16日の段階でこの論説をよく書けたな。週間予報ならはずれても仕方がないが数時間後の天気も当たらないものなのかなあ。もの言ってもいいけど、まがいもの言う新聞にならないようにがんばってもらいたい。

<過去エントリー>
麻生くん一人で楽しめないの


Blog Ranking
[PR]
by luxemburg | 2007-06-19 06:19
<< 従軍慰安婦決議復活す やったぜオレはメタボじゃない >>