とりあえず、のブログです
by luxemburg
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

九条の会



最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
死刑制度について考えてみる
from KEN-NYEのめるてぃんぽっと
白バラの祈り
from シネマと書店とライブハウス
肩をいからすアトラス そ..
from ほしあかりをさがせ
松岡大臣の自殺と、安倍政..
from 私的スクラップ帳
[机上の妄想]日本社会の..
from toxandoriaの日記、..
『しんぶん赤旗』集金と並..
from 嶋ともうみ☆たしかな野党 支..
消費税で社会保障を語れるか。
from 花・髪切と思考の浮游空間
死刑FAQ (この記事は..
from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
死刑廃止FAQを作ってみ..
from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
死刑廃止FAQを作ってみ..
from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
光市母子殺人事件の裁判に..
from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
めでたさも中ぐらいなり参院選
from 華氏451度
山口県選挙区情勢:野党候..
from エクソダス2005《脱米救国..
人質に取られ壊滅しつつあ..
from エクソダス2005《脱米救国..
それぞれの場所で、それぞ..
from とくらBlog
身近なところから一歩ずつ
from はじめの一歩
今度は安倍首相が自ら消費..
from 日本がアブナイ!
カテゴリ
ブックマーク
以前の記事
タグ
留学生の素朴な疑問--私の答え3
 前に書いた留学生の素朴な疑問については、自分なりにいくつか答えを出してみたつもりだが、個別の疑問というより、なんとなく全体として感じたことがあった。それは留学生と話していて、違和感を覚えるほど何度も民主主義という言葉が出てきたことである。他の留学生と話していても結構感じていたのだが、私の英語力に合わせて、最低限のわかる単語にしただけかもしれないがそれにしても多い。



 では国民は政府に何をさせるのか、その政府の役割、に関連してもいろんな話をしたが、我々は「改革」というイメージの中で、「民営化」「小さな政府」が正しい、というイメージを植え付けられている。小さな政府といわれただけで効率的で、いいもののように思ってしまうのだが、どの分野で小さく、どの分野で大きいのがよいのか、いくつかの局面に分けて考えてみる必要があると思っている。

1. 精神面に介入する政府=この局面では日本は大きな政府
 例えば日の丸君が代を強制する。これは当然個人の精神の問題というよりその根本であるが、日本や北朝鮮はそういう問題に介入するのが好きである。華氏451度さんが問題にしておられる笑わせてくれます、教育再生会議では、子守歌を聞かせるなどまでお節介に提言してくれている。もっともパーソナルな空間、精神領域にまで国が口を出す、大きい政府の典型といえる。もちろん、日本は戦前から教育勅語をはじめとして、精神そのものに介入する神権政治の国であった。
 こういうことをいうと、「教育勅語全否定はおかしい、情愛のことなどいいことも書いてあるではないか」(森元首相)という反論も出てくる。こういうのは立憲主義を理解できない人間の典型である。いいとか悪とかの話をしているのではない。そういう領域にまで国が介入してくるところが立憲主義ではない、ということなのだ。

2. 経費のかかる政府=日本は大きな政府
 国民負担率、という言葉がある。どうも日本政府が好んで使いたがる指標らしく、スウェーデンは75%、日本は38%。おお、やはり日本は小さな政府。高福祉もいいけど、高負担も覚悟しているのか、となる。実はここにごまかしがある。実際には75%の負担のうち、53%は誰かの所得として再分配される。のこった22%が政府を運営するためのお金である。日本は38%とって15%がやはり再配分される。政府を運営していくためのお金は23%となる。
 22と23、つまり日本の方が大きな政府なのである。日本の場合もっと大きい。22では足りずに、巨額の借金をする。せっかくお金を渡して「これでやってくれ」といっているのに、それとは別に多大な借金を作っている。一体何に無駄遣いをしているんだ、ということになるだろう。
 集めた税金でやっていけず、借金まで作ってその利払いまで計算すると、おおざっぱに言ってスウェーデンの倍は使っているだろう。もちろんサービスの質は比べるべくもない。大きなどころか巨大な政府である。経費を使う国を大きい政府というのなら、日本は超巨大政府である。

3. 市場に任せる政府=日本は小さな政府
 実は、この部分こそが本来の意味での大きな政府、小さな政府、である。ほとんどこの本来の意味を忘れて議論がなされている。
 この意味での小さな政府とは経済を市場の自律に任せ、国は介入しなくてよい、とする。それどころか、介入はむしろ最適な資源配分を壊すという考え方である。税金などもあまりかけると市場をゆがめる(ただしタバコなど、需要をおさえるために税金をかけた方がよい場合は別)。
 大きな政府はこれに対して、市場原理ではうまくいかない、市場原理に任せていて公園ができるか、というような考え方である。
 この問題については、多くの人が100%市場原理でもダメだし100%国がやるのでもダメで、大体中間のどこかあたりが正しいと考えている。その中でも、市場原理でやるべきだ、できるだけ政府は介入しないという人がアメリカ型、できるだけ政府が役割を果たすべき、というのが欧州型、ということになっている。

4. この要素を組み合わせると・・・
e0068030_226069.jpg
 図表化するとこうなる。多くの方は小さな政府・大きな政府でこの図表のイメージを持っておられないだろうか。もちろんだまされているのである。
 つまり、スウェーデン(に代表される北欧、ドイツなど)は、役割も果たすけど高負担だよ。それに対して日本は役割は小さいかもしれないけど、負担は小さい。さあ、どっちを選ぶかな、そういう選択の問題、と思い込まされている。

 しかし、実際には違う。上で述べたとおりスウェーデンのほうが経費ははるかに少ない。なのに果たしている役割は大きい、つまり、こうなっているのである。
e0068030_2283359.jpg
 本来私たちが求める政府とは、1,2で小さく、3で大きな政府ではないだろうか。簡単にいえば説教を垂れず、効率的で、働く政府である。
 もともと市民革命は、1,2について大きな政府であることに対する反発から生じた。つまり、
1の点で精神的自由を認めず、国家が徳を体現するかのような国家を拒否して精神の自由を勝ち取り、
2の経費のかかる国家、特に戦費がかかりすぎる政府に対して異を唱えるのが市民革命だった。
3については革命初期には資本主義が初期段階にあったこともあってそれほど明示的なものではなかったが、現在では市場原理で行うべきことは縮小してきているという認識は常識になってきている。

 本来日本もそうだったのだ。戦後の日本もまた、1、2については小さな政府、3については大きな政府を目指していたといえる。特に2の経費がかからないことについては軍備のない身軽さという点で他国より優秀なくらいだった。
 ところが、1の精神的自由について政府の役割(介入)を大きくしようとし、2の経費についても上に書いた通り非常に大きな政府になろうとしている。さらに軍備をどんどん増やそうと考えているのだからいっそう2の点では悪くなっている。
 そして、3については、欧州の多くの国が格差を是正するなど、政府の役割を大きくしていこうとしているときに、逆の方向に進もうとしている。
 本来的に3の点、つまり所得再分配などの仕事は政府の存在意義とも言えるのであって、この役割が大きな政府は「大きな政府」というより「働く政府」である。

 つまりいま日本が進もうとする道は、
1の点で「お節介な政府」であり
2の点で「燃費の悪い政府」であり
3の点で「働かない政府」であるといえる。

 いやいや、どこの国だって似たようなものだよ。もっとひどい国だってあるし・・・、などというプロパガンダにだまされてはならない。民主主義をうたっている国で政権の主要部分が「世襲」で成り立っているのは、世界中で日本だけである。先進国という枠を外せば後は北朝鮮くらいのものである。それだけ、「おいしい」のである。政治家にとっておいしい国は国民にとってもおいしい国だというほどここの国民はお人好しだろうか・・・・。


Blog Ranking
[PR]
by luxemburg | 2007-05-09 22:04 | 留学ネタ
<< この国の運営はでたらめ 留学生の素朴な疑問・・・私の答え2 >>