とりあえず、のブログです
by luxemburg
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

九条の会



最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
死刑制度について考えてみる
from KEN-NYEのめるてぃんぽっと
白バラの祈り
from シネマと書店とライブハウス
肩をいからすアトラス そ..
from ほしあかりをさがせ
松岡大臣の自殺と、安倍政..
from 私的スクラップ帳
[机上の妄想]日本社会の..
from toxandoriaの日記、..
『しんぶん赤旗』集金と並..
from 嶋ともうみ☆たしかな野党 支..
消費税で社会保障を語れるか。
from 花・髪切と思考の浮游空間
死刑FAQ (この記事は..
from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
死刑廃止FAQを作ってみ..
from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
死刑廃止FAQを作ってみ..
from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
光市母子殺人事件の裁判に..
from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
めでたさも中ぐらいなり参院選
from 華氏451度
山口県選挙区情勢:野党候..
from エクソダス2005《脱米救国..
人質に取られ壊滅しつつあ..
from エクソダス2005《脱米救国..
それぞれの場所で、それぞ..
from とくらBlog
身近なところから一歩ずつ
from はじめの一歩
今度は安倍首相が自ら消費..
from 日本がアブナイ!
カテゴリ
ブックマーク
以前の記事
タグ
留学生の素朴な疑問・・・私の答え2
 以前書いたエントリーの、留学生の素朴な疑問については、少し興味をもっていただけたみたいで、なるほど、という御意見もあれば、偏っている、左翼的な視点に過ぎない、などの御意見もいただいている。
 偏っているという意見は、「気にくわない」ということの言い替えに過ぎず、ボキャブラリーの貧困としか言いようがないが、左翼的というのは貧困に加えてステレオタイプである。どうもそういうことを言う人は何が左翼であるかはまったくわからないようで、戦前などはこの戦争は負けるというとアカとか左翼などといわれたわけだが、だとすれば軍の上層部はみなアカということになってしまう。
 まあそれはいいとして、留学生ともうひとつしっかり話したことがあった。それは、
どうして日本の大学生は勉強しないのかということであった。
 私は次のように説明した。



 基本的には、日本の教育は「マネ」である。先生の思っていることと同じように考え、教祖の脳波と同じになるように努力する、それが日本の教育である。答えがある問題がでて、同じ答えを出せたか、それが速かったかが問題となる。できるまで繰り返し、それを覚える。
 明治以降、どうしても急速に諸外国に追い付きたかった日本は徹底的に外の進んだ学問や文化を取り入れ、それで成功してきた。戦後も進んだ技術をいち早く取り入れることに成功した。
 ただ、問題はマネをする対象がなくなってきたときにどうするか、である。いいことじゃないか、それはゴールに到達したということだろう、とも考えられるのだが、振り返ると、後を追いかけてくるやつがそこまで迫っている。実際、かつてドイツの車を徹底的にまねて作った日本を追いかけ、韓国や中国でも日本のやりかたをかなりの部分まねてそっくりな自動車がどんどん生産されてきている。
 ところが、日本は方向転換できなくて、「なに、韓国がマネしてきたのか、そしたらあと10馬力アップしたものを作れ、非正規職員を増やしてコスト競争で勝つんだ」などと方向性としてはまったくワンパターンの勝負をしようとする。そうなれば「もっと事務処理が、計算が速い子をそだてろ、学力をあげよ」という方向にしかいかない。
 しかも、以前から「日本は資源のない国だから原料を買って加工して安く売らないと生きていけない」と脅されている。もっと安く、もっと速く、正確に、ミスのないように、そうでないと生き残れない。
 前に日本の子供は、できる子もできない子も追い詰められているということを書いたが、それはいつのまにかこういう土俵で勝負させられているからである。
 このようにして育てられた子は優秀でも何でもなく、その典型が日本の軍人たちである。外国からきた軍事顧問が「ナポレオンに勝った戦法」を伝授してくれ、それを丸暗記していい点をとる。ところが戦車が出てきたりするとどうしていいのかわからない。彼らの作戦のために、どれだけの日本兵が無駄に命を落としたことだろう。いまも「政治家は馬鹿だが、官僚は頭がいい」などと信じている人は結構いて、低級官僚を高級だと思っているのは、何人殺されても辻政信を作戦の神さまと信じていた日本人と変わらない。

 本当はもっと国民が幸せに生きる方法はある。たとえば、まず食糧を自給できるようにする。「売らないと生きていけない」ということはなくなり、そういう脅しと無縁の生活が始まる。その上で、まさか鎖国するわけにもいかないから、何か稼げるものがあるか、を考える。絶対にまねのできないものは、観光である。日本の風景は日本にしかない。ところが、日本は本当に汚い国土になってしまっている。農業で食えないからみんな都市に集まってくる。だから都市は過密、農村は過疎。どちら模本等にみすぼらしい、ボロボロの国土である。
 私がいうようなやりかたで農業を復興すれば美しい国土はよみがえり、田園都市国家となって、観光でかなり稼げるようになるだろう。
 他にも売れるものはある。日本などはいまでもかなりの分野で他の国より優位に立つ生産品がある。
 基本は自分で食べながら、ちょっと得意なものを外国に売れば十分やっていけるのだ。ただし、そんな国では幸せなのは国民だけで、巨大企業からの政治献金も減り、政治家にとってはおいしくない国となるだろう。いまの政府では国民を幸せにする政策などとるわけがない。どっちを向いて制時をしているかは明らかだ。
 こんなアイディアは何ら目新しくなく、EUはみなやっている。EUへ加盟を申請すると、徹底的に「まず食糧で自分が食える国」になるまで援助が行われる。食えない国は食糧をどこかから止められれば何をはじめるかわからないような危険な国だし、いつどれだけの難民を発生させるかわからないからである。その上で、当り前のことだが、自分だけは食える退屈な生活では我慢ができなくなる。何か作りたい、もっと儲けたいというやつも出てくる。それでいいのだ。そういう格差は私は大歓迎である。是非そういう能力のある人間はいいものを作り、さらにできるならよその国でホームランを打って稼いでくれ。ただし、その基本は、まず自分の国がみんな食っていける、最低が保障された国になることである。

 ところが、国土を破壊し、「安く売らなければ生き残れない国」をつくり、安売り競争で最後の最後まで発展途上国と戦う方向へ持っていく、政治家はこの日本を愚かなタコ部屋に変えようとしているのだ。

 この方向転換ができないから、日本は毎日「読み書き計算だ」と号令をかけられ、ストップウォッチで計測されながら計算を速くしようと努力する。政府が検定した教科書を脳に染み込むまで音読させる。その優秀さを競い、我慢大会に勝った者が、いい大学というゴールに到達する。大学はゴールである。そこまでの我慢大家に勝ち残ったという証明書である。その後、過労死が待つかも知れず、リストラや自殺が待つかもしれない社会にでるまでのほんの一時の休息、その間くらい勉強しなくても許してくれよ、ということになる。

※ ちょっと脱線が多くなりました。留学生に辻政信とはいいませんでした(基本的な中身は同じ)。
 日本の教育がマネという部分について、全否定はできず、いい面がある、という話を、以前別の留学生としたことがあります。このはなしは結構複雑なので、ここではしません。

 なお今回の留学生は、日本では学歴などで序列をつけすぎるから、馬鹿にされたくなくて一生懸命いい大学に入ろうとしているのではないか。本当は勉強が好きではないのに。ヨーロッパではあまりそういう差別がなく、大学に行きたい人は比較的純粋に勉強がしたい人だから、勉強量の差になって現れるのだろう、といってました。

 あと、「ヨーロッパとひとまとめにいうな」という御意見もいただきました。特定の国名をあげることもできますが、していないだけです。
 ただ、意外に私たちが思っている以上に「ヨーロッパ」というくくりは強いと思います。アルザスの人はドイツ人かフランス人か、という問いに対して「アルザス人でヨーロッパ人」と答える人が結構いるという話を聞きます(伝聞)が、私達より自分の育った地域、土地を愛している気がします。郷土愛というものかも知れません。一方で、国に拘る必要はないという会話は何度も聞かれました。自分の土地や地方の話をあれだけできる青少年は日本には少ないかも。
 だからヨーロッパとひとまとめにするのはおかしいようで意外にそうでもない事態が進行していると考えています。
 国単位でものを考えることの危険性を彼らは知っているのかも知れません。その点は何度も違和感をかんじさせられました。

Blog Ranking
[PR]
by luxemburg | 2007-05-04 20:28 | 留学ネタ
<< 留学生の素朴な疑問--私の答え3 憲法9条は平和に貢献--78% >>