とりあえず、のブログです
by luxemburg
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

九条の会



最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
死刑制度について考えてみる
from KEN-NYEのめるてぃんぽっと
白バラの祈り
from シネマと書店とライブハウス
肩をいからすアトラス そ..
from ほしあかりをさがせ
松岡大臣の自殺と、安倍政..
from 私的スクラップ帳
[机上の妄想]日本社会の..
from toxandoriaの日記、..
『しんぶん赤旗』集金と並..
from 嶋ともうみ☆たしかな野党 支..
消費税で社会保障を語れるか。
from 花・髪切と思考の浮游空間
死刑FAQ (この記事は..
from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
死刑廃止FAQを作ってみ..
from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
死刑廃止FAQを作ってみ..
from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
光市母子殺人事件の裁判に..
from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
めでたさも中ぐらいなり参院選
from 華氏451度
山口県選挙区情勢:野党候..
from エクソダス2005《脱米救国..
人質に取られ壊滅しつつあ..
from エクソダス2005《脱米救国..
それぞれの場所で、それぞ..
from とくらBlog
身近なところから一歩ずつ
from はじめの一歩
今度は安倍首相が自ら消費..
from 日本がアブナイ!
カテゴリ
ブックマーク
以前の記事
タグ
二・二六事件を思い出す
といってももちろん私が生きていたわけではないのだが、今回の長崎市長暗殺事件とそれに対する対応を見ていて、「盗聴-二・二六事件」(中田整一:文藝春秋。2007年)を思い出し、二・二六事件の時代と現在との符合を感じてしまった。
e0068030_22483136.jpg 二・二六事件は、1936年2月26日、政治のあまりのデタラメ、不正に怒りを感じた青年将校たちが、天皇親政の日本を目指すべく起こした事件とされている。
 ところが、この本を読むと、軍部は以前からこの種のクーデターを予想し、2年も前から「政治的非常事変勃発に処する対策要綱」なるものを準備し、このような事件を逆に利用して、戒厳令を敷き、治安強化に乗り出す意図をもっていた。対策要綱には、危機があることを利用して、ファシズム国家ならやりたい検閲強化など、ありとあらゆることがずらずらとあげられている。



 そして事件よりも前から電話の盗聴が行われ、おそらくある程度何が起こるか予想はついていたのだろう。軍部の思惑どおりに二二六事件が発生し、盗聴に加えてニセ電話を駆使してねらい澄ました人間、たとえば北一輝、西田税らを殺していく。同時に思惑どおりに治安強化に乗り出す。その翌年に日中戦争が勃発し、本格的に戦争の泥沼に落ちていくが、そのきっかけが二.二六事件であったことがわかる。
 そしてこの要綱には「右翼分子ノ一部ヲ謀略行為二使用スルコトアルベキモ其実施ハ軍ト無関係ナル如ク指導ス」とされている。なるほど、暴力団員がちょっとした金銭トラブルでやったということにして、背後の人間とは無関係なる如くに暗殺をさせるなどはこういう例なのだろう。
 この全体像を追いかけていくと、二・二六事件は戦争に大きく踏み出すためのやらせテロだった、という構図が見えてくる。

 いずれにしても、この右翼を利用して、と書かれた「要綱」は日本の意思伝達過程としては珍しい文書である。日本では命令するとき、通常文書の形では残さず、相手に「おもんばかれ」「まだわからんのか」と事実上の強制を行い、相手が自発的にやるというまで許さない。いったん相手が「やります」と言えば、それは自発的にやったものであってこちらの責任ではない。これが日本の意思伝達である。集団自決も軍の命令書なるものは通常見つからないだろうし、性奴隷の強制にしても同様である。特攻隊は、命令したものではなく、国を思う純粋な青年が自ら進んで命を投げ出した美しい話である。美しい国とは、このように為政者が責任を負わずに下の者が虫けらのように死ぬ国のことを言う。この伝統は「痛みを伴う改革」が下の者だけに痛みをもたらす改革であったことからもよくわかる。
 このような指揮命令系統は、自民党や暴力団の世界でいまだに健在である。NHKの番組に圧力をかけた安倍がNHKの職員に「公平にやってくれ」と言うのはまさにその例である。それをNHKが勝手におもんばかりすぎて自発的に番組を改編した、というストーリーにする。本当は国民もこういう構図くらいわかっているのだが相手に権力があると黙ってしまう。

 いずれにしてもこのように、クーデターを利用して治安強化に乗り出す、このやり方は、今回の長崎市長暗殺事件で「公衆の面前でこのような行為は治安と民主主義に対する挑戦」という自民党幹部の言葉などは、二・二六事件を利用して治安を強化し、戦争に向かう流れを作った軍部の策謀を思わせる。

Blog Ranking
[PR]
by luxemburg | 2007-04-20 20:51
<< 留学生の素朴な疑問 日本のKGBは民営 >>