とりあえず、のブログです
by luxemburg
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

九条の会



最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
死刑制度について考えてみる
from KEN-NYEのめるてぃんぽっと
白バラの祈り
from シネマと書店とライブハウス
肩をいからすアトラス そ..
from ほしあかりをさがせ
松岡大臣の自殺と、安倍政..
from 私的スクラップ帳
[机上の妄想]日本社会の..
from toxandoriaの日記、..
『しんぶん赤旗』集金と並..
from 嶋ともうみ☆たしかな野党 支..
消費税で社会保障を語れるか。
from 花・髪切と思考の浮游空間
死刑FAQ (この記事は..
from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
死刑廃止FAQを作ってみ..
from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
死刑廃止FAQを作ってみ..
from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
光市母子殺人事件の裁判に..
from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
めでたさも中ぐらいなり参院選
from 華氏451度
山口県選挙区情勢:野党候..
from エクソダス2005《脱米救国..
人質に取られ壊滅しつつあ..
from エクソダス2005《脱米救国..
それぞれの場所で、それぞ..
from とくらBlog
身近なところから一歩ずつ
from はじめの一歩
今度は安倍首相が自ら消費..
from 日本がアブナイ!
カテゴリ
ブックマーク
以前の記事
タグ
教育は自由から
 フィンランドの教育についての講演会を先日聞いてきて、いろいろと考えさせられた。講師は「競争やめたら学力世界一」(朝日新聞社刊)の著者、福田誠治さん。



 福田先生は、フィンランドは学力世界一といわれて有名だが、学力が上がったというより、そもそも学力テストの内容が変わったことを強調されていた。私も、テストの形式が変わって暗記中心の日本の子供では対処できていないのだろう、とは思っていたが、福田先生の話を聞いて、テストの形式というより学力観そのものが変わってきており、それは社会人になるために子供が身につけるべき力が何なのかという社会観の問題で、その変化について行けていないのはむしろ日本の大人なのではないか、という印象を持った。
 特に読解力のテストでは、明らかに「違法」な落書きを肯定するような意見を読ませ、その中からメッセージを読み取らせる。これは従来、立派なご意見を理解し、それとおなじように考えるのが読解力と思ってきた日本の大人にはなかなか難しいもののようだ。福田先生が、このテストについて論評した論者自体、このテストを「読解」できていないのではないか、といわれていたのが印象的だった。

 その証拠に、学力低下に対する日本の答えは授業時間を増やし、中央集権的に教育内容に立ち入ろうとすること、さらに教員を評価して、読み書き計算などの機械的な反復練習を徹底する、さらに規律を教え、愛国心などの思想良心にまで立ち入った強制を行うというような流れとなって現れているが、これらはすべてフィンランドの教育改革とは正反対である。
 フィンランドでは教科書検定をやめ、教育を地方分権化し、カリキュラムを自由なものにし、子供たちに対しても16歳まで学力テストのようなものはなし。子供が勉強は自分が生きていく力をつけるためのものであることに気づくまで待ち、支援する。教員に対する評定などの評価は行わない。
 小学校低学年の教室などは、「規律」を教えたがる日本の「教育改革」論者には卒倒ものの現状だというが、それでも先生は子供たちを支援はしても叱るということはしない。追い立てられたり、焦ったりしなくてもやがて勉強が自分のためだとわかって、勉強し始めるものですよ、とフィンランドの先生は言うらしい。
 そうやって勉強をし始めた子供は楽しく、積極的に勉強する。できる子もできない子も自分なりに工夫しながら学ぶ。日本では、できる子もできない子も不安を抱えながら、しかも自分で工夫したりしないで言われたとおりのことを従順にやる傾向があるという。

 自由が学問を発展させ、子供をのばす。歴史がすでに答えを出した設問に対して、「自由をこちらに渡しなさい、そうすれば教育はよくなります」。何度も何度も欺こうとする人たちがいる。ますます子供たちが、先生たちが、学校が窒息していく。
 規律、強制、競争へと逆行する日本の教育改革は、道がわからなくなってやみくもに、深く、暗い森に迷い込む愚かな行為だ。



 いくつか具体例を挙げようと思ったのですが、前掲の著書にOECDの学力調査の読解力の設問やその結果、さらに日本の子供ができる子もできない子も無気力ということについて書かれているのでそちらを参照してください。

Blog Ranking
[PR]
by luxemburg | 2006-10-31 22:05
<< やらせで教育「改革」ねぇ ああまた日本は・・・ >>